飾り線上

ひんやりした木曜の深夜はカクテルを

飾り線下
小さなころから、肌がさほど丈夫でなく、気を付けないとかぶれてしまう。
その上、ボディーシャンプーの体にこびりつく使い心地があまり好きじゃない。
けれど、冬はもちろんしっかり乾燥するので、なるべく余計な薬品が入っていないローションを愛用している。
その製品のびっくりするところは、価格設定が凄く高く、買うのに勇気がいるところ。

無我夢中で熱弁するあの子と冷めた夕飯
切り絵や写真といった芸術が結構好きだし、デッサンも自信があるのに、撮影がとても下手だ。
それでも、前、機嫌よく、一眼レフなんか宝物にしていた時期もあって、どこに行くときにも絶対持ち歩いたりした。
ビックリするくらいピントが合ってなかったり、変なアングルなので、レフが説教してきそうだった。
それは良いとしても、写真や加工はどう考えても、かっこいいと思っている!
飾り線上

ノリノリで大声を出すあの子とオレ

飾り線下
夏は生ビールが大変うまいけれど、ここ最近そんなには飲まなくなった。
大学生のころは、いくらでも飲めたのに、年をとって翌朝にお酒が残るようになってそんなに飲まなくなった。
ビアガーデンにも新社会人になった頃はものすごくあこがれ、行くのがすごく楽しみだったけれど、会社の関係であきるほど行って、私のイメージの中では、今では、印象が悪い。
しかし、取引会社との付き合いの関わりで非常に久しぶりにビアガーデンに行った。
ものすごく久々にうまかったけれど、テンションが上がってとてもお酒を飲みすぎて、やはり、翌朝に残ってしまった。
次からは、飲みすぎないようにしようと思うけれど、飲み出したら、なかなかとまらない。

蒸し暑い水曜の夕方は冷酒を
知佳子はAさんの事が大好きみたいだ。
Aさんも知佳子を大切にしている。
彼が出張の時は、知佳子も連れて行くし、つい最近は私も一日目だけ一緒に行った。
この2人は私の事を同じ名前で呼ぶし、何か意見を求める時は、まず私に聞いてくれる。
どうしたものか可愛がってくれている感じがして非常に空気が良いと思った。
飾り線上

余裕で口笛を吹く父さんと公園の噴水

飾り線下
あまり、テレビドラマは見ないけれど、ここ最近、それでも、生きていくを毎週視聴している。
加害者の親兄弟と被害者側の両親と兄達が出会ってというストーリーで、通常は起こるはずがないストーリーの流れだ。
殺された小さな子の両親と兄達と犯人側の両親と妹のどちらも悲しみに包まれている様子がえがかれている。
ストーリーの内容は大変暗いと思うが、しかし、映像の色づかいはきれいな雰囲気にされている。
花や緑や自然の映像がとても多用されていて、牧歌的と表現していいのかきれいな映像が非常に多い。
これから、ストーリーがどうなっていくのか想像がつかないけれど、少しでも救いがある内容になっていたらいいなと思う。

よく晴れた月曜の夜に窓から
いつものスーパーで食料品を探していた。
冷食のcornerドリアをさがしていた。
そしたら、韓国文字で表記されている商品を発見した。
じーっとみると、韓国で良く見かけるトッポギだった。
先月明洞へ向かった時に、幾度となく韓国に旅行している親友に勧められたトッポギ。
日本でも冷凍食品として、屋台のトッポギが買えるなんて、びっくりだった。
飾り線上

目を閉じて口笛を吹く君と飛行機雲

飾り線下
とある夏の昼前。
少年は家の庭で、アリの行列が死んだ虫を運ぶところをじっくり見ていた。
アリ達はせっせと動き回っているのだけど、虫の死体一つでこんなにもたくさんの蟻がいたって、無駄なんじゃないかと、少年は疑問を抱いた。
少年は、蟻たちに砂をかけたらどうなるかな、という欲求が湧いてきた。
しかし、今日のところは単純に観察し続けることにした。
とても暑い日だったので、少年の汗はダラダラと流れ、ポタポタと地面に落ちた。

前のめりでお喋りするあの子とよく冷えたビール
中学生の頃、両親は、私の対人関係に対しあからさまに無理を求めてきた。
平均から離れてはダメだ、とも。
とってもきつい時代だったと考える。
一日が終了すると、毎回作り話を嬉しそうに母に話す。
話せば、安心したような顔を見せてくれる。
少しでも目立つと、変わり者。
そんなことだけ怖がっていた昔の私と父と母。
切ない過去だと感じる。
飾り線上

雨が降る週末の晩に目を閉じて

飾り線下
一人の人間の大半が水分という研究もありますので、水は人の重要点です。
水分補給を充分に行い、みなさん活発で楽しい季節を満喫したいものです。
輝く強い日差しの中より蝉の鳴き声が耳に入るとこの頃、普段はそこまで外出しないという方も外出したいと思うかもしれません。
すると、女性だと紫外線対策に関してマメな方が多いかもしれません。
暑い時期のお肌の手入れは秋に表れるといいますので、どうしても気にかけてしまう所かもしれません。
やはり、誰でも気になっているのが水分補給につてです。
もちろん、いつも水分のとりすぎは、良いとは言えないものの暑い時期ばかりは少し例外の可能性もあります。
なぜならば、たくさん汗をかいて、知らない間に水分が抜けていくからです。
外出した時の自分自身の健康状態も影響してきます。
もしかすると、自身で気付かない間にわずかな脱水症状や熱中症におちいる可能性もあるかもしれません。
暑い時期の水分補給は、次の瞬間の体調に出るといっても過言ではないかもしれないです。
少し外に出る時も、小さなものでかまわないので、水筒があればすごく経済的です。
一人の人間の大半が水分という研究もありますので、水は人の重要点です。
水分補給を充分に行い、みなさん活発で楽しい季節を満喫したいものです。

目を閉じてダンスする姉妹とファミレス
北方さんの水滸伝の血が通っていて男らしいキャラクターが、原作の水滸伝の108人になぞらえて、主な登場人物が108人でてくるが、敵方、政府側の作中人物も人間味あふれているのがいて、血が通っていると思える。
作中人物に実際の人の様なもろさがうかんでくるのもそして、心酔していたわけだ。
心が弱いなりに自分の目標とか未来の為に出来るだけ尽力しているのが読破していて心ひかれる。
読みあさっていておもしろい。
それでも、魅了される登場人物がひどいめにあったり、夢がやぶれていく様子も心にひびくものがあるから魅了されるフィクションだ。

小さい飾り線上

サイトメニュー

小さい飾り線下

サイトメニュー


Copyright (C) 2015 天と海とトルネード All Rights Reserved.
レトロ飾り